タイトル

科目番号
知能102 
開講年度 期間 曜日時限 開講学部等
2018 後学期 火2 工学部工学科  
講義コード 科目名[英文名] 単位数
617001002 プログラミング演習Ⅱ   1 
担当教員[ローマ字表記]
山田 孝治, 赤嶺 有平 [Akamine Yuhei] 
授業の形態
講義、演習又は実験
 
アクティブラーニング
学生が文献や資料を調べる
 
授業内容と方法
・プログラミングIIに関する演習を行う.
・プログラミング1受講(プログラミング基礎終了)を前提に、C言語基礎(2週間)と、Java(Processing)(13週間)を演習・課題を通じ学ぶ。
・言語仕様を学ぶだけではなく、「実現したいことを理解し、説明できるレベルまで整理し、コンピュータが処理できる形に翻訳する」
というプログラミング開発一連流れを体験する。
 
URGCC学習教育目標
情報リテラシー、問題解決力、専門性
 
達成目標
・提示された課題を口頭および報告書として説明することができる。
・インタプリタ言語とコンパイラ言語の違いを理解し、開発の流れを踏まえて作業することができる。
・Javaの基本的な宣言・式・関数・制御文・関数・スコープ・ファイルI/Oを理解し,用いることができる。
・オブジェクト指向言語,静的な型付け言語であることを意識し,コードを読み書きできる。
・開発中に得られたErrors, Warningsを元に,どのようにデバッグしたら良いかを考え,実行に移すことができる。
・プログラミングの概念と設計方法を理解し,オブジェクト指向を意識したプログラミングを実践することができる。(小作品制作)
 
評価基準と評価方法
演習課題(100%)により評価する。
 
履修条件
プログラミングIIを受講していること。
 
授業計画
プログラミングIIに関する課題,演習を行う.なおプログラミングIIの内容に合わせて変更することがある。
第1回: コンパイラ言語(インタプリタとコンパイラ、静的な型付け、型宣言),Javaの基本知識(変数と定数,演算子,型変換,配列,制御文)
第2回: 基礎知識2(データ型、キャスト、命名規則、基本ライブラリ、演算子、while文、ジャンプによる制御)
第3回: データ構造:List, Arrayなど、および基本型と参照型
第4回: データの構造化
第5回: 統合環境の利用(コード読みとデバッグ実行)、ユニットテスト、バージョン管理(pull request と merge)
第6回: クラスとインスタンス
第7回: クラスとインスタンス(続き)
第8回: 継承
第9回: InteliJ + gradle による構成管理、jarの利用
第10回: ポリモーフィズム
第11回: クラスの実践的な活用
第12回: 作品制作(設計)
第13回: 作品制作(実装)
第14回: C言語入門1(制御文、関数、コンパイル、実行)
第15回: C言語入門2(配列、構造体)
 
事前学習
第1回については予習ではなくプログラミング1の復習を、そして余裕がれば教科書の1章を読んでくること(EclipseではなくIntelliJ IDEAを使う予定です)。
気になる点は質問できるように整理しておくこと。
第2回以降については授業は講義用Webページにて指示する。
第3回以降はProcessingを用いることがある
 
事後学習
講義で実習したことを復習し、時間内にできなかった課題は次の授業までに行うこと。
 
教科書にかかわる情報
 
教科書全体備考
プログラミングIIの教科書を利用します。
 
参考書にかかわる情報
 
参考書全体備考
 
 
使用言語
日本語
 
メッセージ
 
 
オフィスアワー
火曜日4限,604室
 
メールアドレス
yuhei@ie.u-ryukyu.ac.jp
 
URL
http://assam.tea.ie.u-ryukyu.ac.jp
 

ページの先頭へ