タイトル

科目番号
工共101 
開講年度 期間 曜日時限 開講学部等
2020 第2クォーター 火5 工学部工学科  
講義コード 科目名[英文名] 単位数
610001031 キャリアデザイン入門 03組   1 
担当教員[ローマ字表記]
清水 肇, 渡嘉敷 健 
授業の形態
 
 
アクティブラーニング
 
 
授業内容と方法
本授業のねらいは,各コースの専門性や身に付けていくべきスキル,ならびに卒業後の進路に関する概説を通して,キャリアパスをイメージし,大学で自律的かつ継続的に学習するモチベーションの向上を図ることである。

・工学科7コースそれぞれの専門分野,カリキュラムおよび想定されるキャリアパスについて説明する。
・本授業は8回で構成されており、第2クォーターの期間に実施される。
・第1回に授業全体の概要説明を行い、残りの7回は各コースの教員(7名)で分担して行う。
・授業方法は主に講義形式であり、説明内容の理解度をチェックするために、授業毎にワークシートを課す。
 
URGCC学習教育目標
自律性、専門性
 
達成目標
(a) 工学系の専門分野とキャリアパスを理解する。(専門性)
(b) 自己を理解し,将来のキャリアパスを考え,修学計画を立てる(自律性)
 
評価基準と評価方法
・授業毎(第2回~8回)のワークシート(各回:10点満点)の合計点を100点満点に換算して評価する。
・総合点の60点以上を合格とし,評価(A,B,C,D,F)の基準は学則に従う。
・3回欠席した場合は,学則に基づき単位を与えない(評価:F)。
 
履修条件
必ず指定したクラスに登録すること。
特段の理由が無い限り,指定したクラス以外での登録は認めない。
※指定クラスについては,「時間割配当表」を参照すること。
 
授業計画
第1回(6/16) 授業の概要
第2回(6/30) 「電子情報通信コース」の紹介と想定される卒業後の進路 
第3回(7/07) 「社会基盤デザインコース」の紹介と想定される卒業後の進路 
第4回(7/14) 「建築学コース」の紹介と想定される卒業後の進路 
第5回(7/21) 「知能情報コース」の紹介と想定される卒業後の進路 
第6回(7/28) 「機械工学コース」の紹介と想定される卒業後の進路 
第7回(8/04) 「エネルギー環境工学コース」の紹介と想定される卒業後の進路 
第8回(8/11) 「電気システム工学コース」の紹介と想定される卒業後の進路
 
事前学習
WebClassに事前資料が提供されている場合は,目を通すなどして予習しておくこと。
 
事後学習
各回終了後に,授業で使用した資料をWebClassに掲載するので、各コースの内容やキャリアパスについて,復習すること。
※最後の講義に「修学計画書」の提出を課す。
 
教科書にかかわる情報
 
教科書全体備考
教科書はありません。
WebClassへ資料を掲載するか,または講義時に資料を配布します.
 
参考書にかかわる情報
 
参考書全体備考
 
 
使用言語
日本語
 
メッセージ
・ワークシートの提出をもって,出席確認を行う。
・無断欠席はしないこと(授業を欠席する場合は,事前事後に関係なく担当教員に電子メール(下部参照)にて連絡すること)。
・事前に講義資料を「WebClass」に掲載する担当者もいるため,予習をするとともに授業当日にノートPC、タブレット、スマホ等を持参し、閲覧することが望ましい。
 
オフィスアワー
金曜日13時〜14時を原則とするが、
用務と重なることがあるので、事前にメールで連絡調整の上で訪ねることをのぞみます。
共通教育棟4号館506号室(建築学コース 清水肇)
 
メールアドレス
shimizu@eve.u-ryukyu.ac.jp
 
URL
 
 

ページの先頭へ