タイトル

科目番号
知能226 
開講年度 期間 曜日時限 開講学部等
2020 後学期 水2 工学部工学科  
講義コード 科目名[英文名] 単位数
617020002 ディジタル信号処理   2 
担当教員[ローマ字表記]
姜 東植 
授業の形態
講義、演習又は実験
 
アクティブラーニング
学生が議論する、学生が自身の考えを発表する、学生が文献や資料を調べる
 
授業内容と方法
本講演では、離散時間系と周波数領域表現とそのインパルス応答について検討する。 安定性、因果性、線形不変性について説明する。 次に、FIRとIIRの両方のZ変換とデジタルフィルタが研究され、設計されます。離散フーリエ変換(DFT)とその高速実装アルゴリズム(FFT)は、信号処理研究の別の目的であり、 デジタル画像処理、医用画像、リモートセンシング、地震学、音声処理、音声認識、ノイズとエコーキャンセル、画像電話の画像と音声コーディング、 遠隔会議システム、および通信および制御の分野における多くの他のアプリケーションエンジニアリングは、DSPをより高速で信頼性が高く安価な実装に利用することができます。

--> 対面授業が実施できない場合は、ZoomによるOnline授業になります。必ず、本サイトにて最新情報を確認してください。
--> しばらく、ZoomによるOnline授業を実施しますので、以下のURLにて授業に参加してください。
ZooM
Dongshik KANGさんがあなたを予約されたZoomミーティングに招待しています。

トピック: DSP (Wed) 10:20~11:50
時間: こちらは定期的ミーティングです いつでも

Zoomミーティングに参加する
https://us02web.zoom.us/j/87271168837?pwd=a0tIS1dibFViRU9Sck5tbXBNK1JNUT09

ミーティングID: 872 7116 8837
パスコード: 2020
 
URGCC学習教育目標
情報リテラシー、問題解決力、専門性
 
達成目標
[1]離散時間信号とシステムの解析などのデジタル信号処理(DSP)に関する特殊技術と用語を理解する。 DSP技術を専門とし、差分方程式、フローグラフ、離散フーリエ変換、Z変換などのDSP理論に特化する
[2]FIR&IIRデジタルフィルタなどのDSPシステムの設計と評価を可能にする。 また、FFTなどのDSPアルゴリズムに従うことができます。 次に、実際にMatlabやその他のソフトウェア(Octaveなど)によるシミュレーションを実行します。
[3]実例を取り上げ、DSPの応用分野について、論理的に理解することができる。
 
評価基準と評価方法
課題(40%),試験(60%)によって評価する。課題(40%)は、授業中の小テスト&レポート、ラボがある。試験(60%)は期末に実施する。
 
履修条件
Matlabやその他のソフトウェア(Octaveなど)でDSPアルゴリズムを実行できるPCを有していること
 
授業計画
01回 ガイダンス
02回 離散時間信号とシステム
03回 ●LAB[1] 離散信号の作成
04回 標本化定理
05回 離散フーリエ変換
06回 z変換と伝達関数
07回 ●LAB[2] 離散信号の解析 
08回 システムの周波数特性
09回 スペクトル推定
10回 フィルタリング処理
11回 ●LAB[3] スペクトル分析 
12回 適応信号処理
13回 二次元ディジタル信号処理
14回 ●LAB[4] 信号解析の応用
15回 ●Last-Term Examination
 
事前学習
Webclassにて公開している講義資料をもとに、関連した内容を調べ学習しておくこと
 
事後学習
授業中に出された課題や小テストを復習し、理解すること
 
教科書にかかわる情報
教科書 書名 ISBN
978-4-339-00925-5
備考
著者名
伊藤克亘, 花泉弘, 小泉悠馬共著
出版社
コロナ社
出版年
2019
NCID
 
教科書全体備考
 
 
参考書にかかわる情報
 
参考書全体備考
 
 
使用言語
日本語
 
メッセージ
情報処理センターのwebclassにて授業で必要な資料を配布します.
www.webclass.u-ryukyu.ac.jp
 
オフィスアワー
火曜日10: 00-12:00
 
メールアドレス
kang@ie.u-ryukyu.ac.jp
 
URL
webclass.cc.u-ryukyu.ac.jp
 

ページの先頭へ