タイトル

科目番号
知能327 
開講年度 期間 曜日時限 開講学部等
2020 前学期 火2 工学部工学科  
講義コード 科目名[英文名] 単位数
617028001 ヒューマンコンピュータインタラクション   2 
担当教員[ローマ字表記]
赤嶺 有平 [Akamine Yuhei] 
授業の形態
講義
 
アクティブラーニング
学生が議論する、学生が自身の考えを発表する
 
授業内容と方法
ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)は,人間とコンピュータ(あるいは機械)との相互作用(通常はユーザインタフェース)に関する研究領域である.この講義では,ユーザインタフェースに関する基本的なソフトウエア,ハードウエア(マウス,モニタ,センサなどの入出力デバイス)をはじめとして,可視化を中心に仮想/拡張現実などのマルチメディア表現処理手法,ウェアラブルコンピューティング,ユーザビリティデザインやユニバーサルデザインといったデザイン手法,インタラクティブアートなどの計算機技術により可能となる芸術表現など網羅的に紹介する.

(4/13追記)
当面(2週間)は,オンラインテキストによる講義を実施します.その後は,実施方法は検討中です.決定次第連絡しますのでメール等確実にチェックしてください.
オンラインテキストのURL(認証あり)
https://sites.google.com/ie.u-ryukyu.ac.jp/lectures/2020hci
 
URGCC学習教育目標
情報リテラシー、問題解決力、専門性
 
達成目標
-HCIの諸技術の基礎及びその特徴を理解する(専門性H-3)
-ユーザインタフェースの設計及び実装方法を理解する(実践性:F-2)
-HCIの技術を用いたアプリケーションの提案ができる(創造性:G-1)
 
評価基準と評価方法
通常レポート(50%), 発表(50%)の結果を総合して判定する.
通常レポートは,月に1度程度課され,主に講義内容の理解度を確認する内容となる(専門性).
発表は,インタフェースの評価と提案に関するものである.(実践性,創造性)
 
履修条件
先修科目として線形代数の履修が望ましい
 
授業計画
第1回 概説 HCIとは何を扱う学問なのか
第2回 HCI関連技術
第3回 人間の知覚,感覚
第4回 人間の認知と理解
第5回 拡張現実感(AR)
第6回 仮想現実感(VR)
第7回 実世界インターフェース
第8回 UIの評価手法
第9回 既存のアプリケーションの評価及び改善(検討)
第10回 既存のアプリケーションの評価及び改善(発表1)
第11回 既存のアプリケーションの評価及び改善(発表2)
第12回 情報可視化技術
第13回 情報可視化応用
第14回 ウェアラブルコンピューティング,ユビキタスコンピューティング
第15回 新しいUIの検討
第16回 新しいUIの検討(2)

講義内容は,変更する事がある.
 
事前学習
さまざまな装置,ソフトウエアのインターフェースについて観察し,実装方法,問題点などを考察しておくこと.
 
事後学習
HCIの事例の考察(合計10時間)
既存のUIの評価(合計10時間)
講義中に説明した技術を用いて実現可能なインターフェースやアプリケーションを考える(合計10時間)
 
教科書にかかわる情報
 
教科書全体備考
適宜,講義中に配布
 
参考書にかかわる情報
参考書 書名 ISBN
9784781912608
備考
Computer science library ; 11
著者名
椎尾一郎著
出版社
サイエンス社
出版年
2010
NCID
BB04146020
 
参考書全体備考
 
 
使用言語
日本語
 
メッセージ
以下URLからwebテキストにアクセスし,指示にしたがってください.
https://sites.google.com/ie.u-ryukyu.ac.jp/lectures/2020hci
 
オフィスアワー
火14:40-16:10 工学部1号館604室
 
メールアドレス
yuhei@ie.u-ryukyu.ac.jp
 
URL
https://sites.google.com/ie.u-ryukyu.ac.jp/lectures/2020hci
 

ページの先頭へ