タイトル

科目番号
知能333 
開講年度 期間 曜日時限 開講学部等
2020 第4クォーター 金1〜2 工学部工学科  
講義コード 科目名[英文名] 単位数
617035002 コレクティブインテリジェンス   2 
担当教員[ローマ字表記]
國田 樹 [Itsuki Kunita] 
授業の形態
講義、演習又は実験
 
アクティブラーニング
学生が文献や資料を調べる
 
授業内容と方法
蟻や鳥は、群れとして生存に適した知的な行動を示すことがある。また、インターネット上にはWikiなどのように独立して行動する人々の知識の総体として、新しい知識基盤が構築されている。このような集団によって形成される「知」について、その形成原理や種類を概説する。さらに、マルチエージェントシミュレーションを通して集団挙動に見られる特徴について実践的に理解を深め、知能情報工学分野でどのような応用・活用が可能かを検討する。これらの学習を通して「知能」と「コレクティブインテリジェンス」の本質を考え、また学生間で議論し、これらを学生一人一人が自分の言葉で定義することを目指す。

授業はオンライン(zoom + discord)で実施する。授業資料はgoogle driveで共有する。Zoom接続先, discordのサーバ招待情報,授業資料のリンク情報は授業実施日の1週間以上前に履修者にメールで連絡する。
 
URGCC学習教育目標
自律性、専門性
 
達成目標
・知能情報工学分野の専門性を高める基盤として、「知能」や「コレクティブインテリジェンス」の本質について主体的に考えることができる。(D 柔軟性, E 専門性)
・コレクティブインテリジェンスが知能情報工学分野を構成する各領域とどのような関係にあるかを理解し、応用性を考えることができる。(B 社会理解と協調性, D 柔軟性, E 専門性)
・授業で取り上げる様々なアルゴリズムについて数学的観点から理解し、実装できる。(F 基礎学力, E 専門性)
・授業で学習した内容を適切な日本語で表現できる。(B 社会理解と協調性, C コミュニケーション能力, F 基礎学力)

*()内の記述は学士教育プログラムの学習目標に対応している。
 
評価基準と評価方法
(1) レポート(5点×14=70点)
 ・毎回の授業で上記達成目標が達成されているかを問うレポート課題(5点満点×1~2問)を出す。
 ・レポートは15-20分程度で記述できる分量を想定している。
 ・達成目標に照らし、特に以下の項目を評価する。
   - 各回の授業で取り上げるテーマに関するキーワードを理解しているか。
   - 自身の考え、書籍等による調査に基づく知見などが記述されているか。
   - 適切な日本語で論理的に記述されているか。

(2) 演習課題(30点)
 ・Python言語によるマルチエージェントシミュレーションの実験課題を出す。
 ・達成目標に照らし、特に以下の項目を評価する。
   - 実行可能なスクリプトを作成しているか。
   - 与えられた課題要件を満たすスクリプトを作成しているか。
   - シミュレーション結果を詳細に観察、解析、考察しているか。
 
履修条件
プログラミングI(工共114)を履修し、Python言語によるプログラミングの基礎スキルを修得していることが望ましい。
 
授業計画
各回2コマ続きの授業である。

1 イントロダクション, 演習環境の構築
2 自己組織化
3 集団行動を生み出す原理
4 分散人工知能、マルチエージェント
5 代表的なアルゴリズム - 粒子群最適化法, アントコロニー最適化法など
6 コレクティブインテリジェンスとデータマイニングの関係
7 様々な視点から捉えた「知能」
8 「知能」および「コレクティブインテリジェンス」とは何か
 
事前学習
事後学習を重視しているので、特に事前学習は必要ない。
 
事後学習
演習やレポート課題に取り組むこと(2-4時間)。
特に授業時間で取り上げたキーワードやトピックス、ミニレポートの課題内容について、書籍等での調査を行い考えを深めること。
 
教科書にかかわる情報
 
教科書全体備考
 
 
参考書にかかわる情報
参考書 書名 ISBN
4501550902
備考
著者名
アジス・アブラハム, クリナ・グローサン, ヴィトリーノ・ラモス編 ; 栗原聡, 福井健一訳
出版社
東京電機大学出版局
出版年
2012
NCID
参考書 書名 ISBN
4826901658
備考
著者名
レン・フィッシャー著 ; 松浦俊輔訳
出版社
白揚社
出版年
2012
NCID
参考書 書名 ISBN
4274222381
備考
著者名
大谷紀子著
出版社
オーム社
出版年
2018
NCID
参考書 書名 ISBN
4764955520
備考
著者名
中島秀之著
出版社
公立はこだて未来大学出版会
出版年
2015
NCID
参考書 書名 ISBN
4106035707
備考
新潮選書
著者名
西成活裕著
出版社
新潮社
出版年
2006
NCID
 
参考書全体備考
 
 
使用言語
日本語
 
メッセージ
各自、以下を準備しておくこと。
(1) pythonスクリプトを実行できる環境
(2) zoom id (登録メールアドレスは何でも構わない)
(3) discord id (登録メールアドレスは何でも構わない)
(4) google account (知能情報コース学生は@ie.u-ryukyu.ac.jpがあれば良い)
 
オフィスアワー
随時対応しますので、メールで依頼・日程調整してください。
メールタイトルは「コレクティブインテリジェンス問い合わせ(学籍番号, 氏名)」としてください。
オンラインもしくは対面での直接対応を希望する場合には、平日午後13:00-17:00のうち希望する日時の候補を3つ以上記載してください。
 
メールアドレス
kunita@ie.u-ryukyu.ac.jp
 
URL
 
 

ページの先頭へ