タイトル

科目番号
知能422 
開講年度 期間 曜日時限 開講学部等
2020 後学期 木1 工学部工学科  
講義コード 科目名[英文名] 単位数
617040002 ICT実践英語II   2 
担当教員[ローマ字表記]
比嘉 健伸 
授業の形態
講義、演習又は実験
 
アクティブラーニング
学生が議論する、学生が自身の考えを発表する、学生が文献や資料を調べる
 
授業内容と方法
「 ICT実践英語 I 」の続き。 情報通信技術(ICT)に関する報道等を教材として聞き取りや速読等の演習を行い、ICT分野における情報収集が行える英語力を養成する。また、主に演習を通して英語で発表を行うために必要なスキルを身につけることを目指す。

新型コロナウイルス感染症の影響のため今学期はWebClass等を利用して遠隔授業を行ないます。
毎週木曜日は、1限目の開始前(8:30)までにWebClassにログインしておいてください。
 
URGCC学習教育目標
自律性、コミュニケーション・スキル
 
達成目標
(1) まとまった量の英文の中から自分が必要とする情報を素早く的確に見つけ出すことができる。[コミュニケーション・スキル]
(2) 情報通信技術等に関するニュース報道の要点を聞いて理解することができる。 [コミュニケーション・スキル]
(3) 自分の研究内容について口頭で図表等を使用し説明することができる。 [コミュニケーション・スキル]
(4) 自分の発表に関する質疑応答に対応することができる。 [コミュニケーション・スキル]
(5) 授業に積極的に参加し、クラスの学習環境に寄与することができる。 [自律性]
 
評価基準と評価方法
課題 (50%) : 達成目標 (1) (2) (3) (4)
クイズ (20%) : 達成目標 (1) (2) (3) (4)
プレゼンテーション (20%) : 達成目標 (3) (4)
授業態度/参加 (10%) : 達成目標 (5)


○授業総時間数の3分の1以上欠席すると成績の如何にかかわらず自動的に「F」となる。
○また、クイズ、試験、宿題等において不正行為を行った場合も同様に「F」となる。
○追試等は行わない。
 
履修条件
-
 
授業計画
第1回 (10/1) Class Introduction
第2回 (10/8) Topics in ICT 1
第3回 (10/15) Topics in ICT 2
第4回 (10/22) Topics in ICT 3
第5回 (10/29) Topics in ICT 4
第6回 (11/5) Topics in ICT 5
第7回 (11/12) Presentation 1 (2-Minute Summary)
第8回 (11/19) Presentation 2 (Introduction)
第9回 (11/26) Presentation 3 (Background)
第10回 (12/3) Presentation 4 (Methods)
第11回 (12/10) Presentation 5 (Results)
第12回 (12/17) Presentation 6 (Discussion)
第13回 (1/7) Presentation 7 (Conclusion)
第14回 (1/14) Dealing with Questions
第15回 (1/21) Review
第16回 (1/28) Final Exam (Full Presentation)
 
事前学習
クイズのための予習・復習や宿題等のために平均週4時間以上の授業外学習が必要です。
 
事後学習
同上。
 
教科書にかかわる情報
 
教科書全体備考
プリントを配布する。
 
参考書にかかわる情報
参考書 書名 ISBN
0582415489
備考
著者名
出版社
出版年
NCID
 
参考書全体備考
 
 
使用言語
日本語
 
メッセージ
教室内では携帯電話等の電源を切り、一切使用しないこと。
 
オフィスアワー
予約による。
 
メールアドレス
g981004 eve.u-ryukyu.ac.jp
 
URL
-
 

ページの先頭へ