タイトル

科目番号
外101 
開講年度 期間 曜日時限 開講学部等
2021 前学期 月2,木2 共通教育等科目外国語科目  
講義コード 科目名[英文名] 単位数
101501081 大学英語 08組   4 
担当教員[ローマ字表記]
富里 明美 
授業の形態
講義、演習又は実験
 
アクティブラーニング
学生が自身の考えを発表する、フィールドワークなど学生が体験的に学ぶ、学生が文献や資料を調べる
 
授業内容と方法
  ★お知らせ August 15★

★Zoom meeting に参加してください。大学英語8組 2回目のクラスです

Akemi Tomisatoさんがあなたを予約されたZoomミーティングに招待しています。

トピック: 大学英語 the 2nd Zoom meeting, April 15 10:30 a.m.
時間: 2021年4月15日 10:30 AM 大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する
https://us02web.zoom.us/j/88164386358?pwd=eGdxbmdlOUZ1bDFsRDVGWmtPS1VGQT09

ミーティングID: 881 6438 6358
パスコード: 2021






★課題提出・添付書類が開けない・質問などの宛先 ⇒ WebClassへメール送信してください
 
学生は、この webシラバス、WebClass、教務情報システム、大学のメールを常にチェックすること。
レポート課題など、情報が随時更新されます。


 
URGCC学習教育目標
自律性、社会性、地域・国際性、コミュニケーション・スキル、情報リテラシー、問題解決力、専門性
 
達成目標
The goals of the course are:
1. To improve speaking and presentation skills in English to the university level. [コミュニケーション・スキル],[地域・国際性],[自律性],[情報リテラシー].[社会性].[問題解決力]
2. To improve reading skills so that you can read fairly long English essays and understand the content. [コミュニケーション・スキル],[地域・国際性],[自律性],[情報リテラシー].[専門性]
3. To improve listening skills so that you can comprehend English aural materials in various settings. [コミュニケーション・スキル],[地域・国際性],[自律性],[情報リテラシー]
4. To improve writing skills in English so that you can express your thoughts clearly. [コミュニケーション・スキル],[地域・国際性],[自律性],[情報リテラシー]
 
評価基準と評価方法
Based on university regulations, grades will be calculated at a maximum of 100 points, and students must accumulate a score of at least 60 points in total to receive credit in the course. Those with a total score of less than 60 points will be graded with an F, 60-69 points a D, 70-79 points a C, 80-89 points a B, and 90 and above an A. Students will be eligible for course
credit if they have attended more than two thirds of all class meetings.

The final grade will be based on the following:

● Midterm & Final Exams (15% each, a total of 30%; evaluation of goals 2 and 3)
● Class presentations (10%; evaluation of goal 1)
● Composition assignments (20%; evaluation of goal 4)
● Graded Readers (10%: evaluation of goal 4)
● Presentation & Other assignments (10%; evaluation of goals 1-4)
● Contribution to the class through the Zoom meetings (20%; evaluation of goal 1)

*NOTE* The Campus-Wide English Proficiency Test will not be held in this semester, Spring 2020.

 
履修条件
特になし
 
授業計画

 
同じ内容は「教務情報のメッセージ」にも掲載します。学生に「講義連絡」としてメール送信されます。
  

 
事前学習

 
事後学習
Review what you have learned in webclass.
 
教科書にかかわる情報
教科書 書名
English for Global Citizens
ISBN
備考
日本語のタイトル
「世界市民としての英語」
著者名
Masahide Ishihara
出版社
Eihosha
出版年
2013
NCID
 
教科書全体備考
 
 
参考書にかかわる情報
参考書 書名
Oxford Advanced Learner's Dictionary, Oxford University Press, 2010.
ISBN
備考
著者名
出版社
出版年
NCID
参考書 書名
Collins Cobuild Advanced Dictionary, Heinle, 2008
ISBN
備考
著者名
出版社
出版年
NCID
参考書 書名
Longman Dictionary of Contemporary English, Pearson Longman, 2009.
ISBN
備考
著者名
出版社
出版年
NCID
参考書 書名
English-Japanese Dictionary for the General Reader, Kenkyusha, 1999.
ISBN
備考
著者名
出版社
出版年
NCID
 
参考書全体備考
 
 
使用言語
日本語
 
メッセージ
      ★★ クラスの学生全員へ ★★ 課題提出の添付書類は、「Word文書」形式で送ってください。

いつでも連絡が取れる携帯やPCのアドレスを教えてください。

webclassへ、メール送信してください。
メールには、⓵大学英語 ⓶学籍番号 ⓷氏名 ⓸連絡が届くメルアド を記入してください。
 
オフィスアワー
メールにていつでも受け付けます。
 
メールアドレス
常に連絡を取り合いましょう!
 
URL
August 15, 10:30 a.m. Zoom,2nd meeting
詳細は、上記「授業内容と方法」を参照してください。

 

ページの先頭へ