タイトル

科目番号 教室 登録人数 履修登録方法
経済416       30   抽選対象  
開講年度 期間 曜日時限 開講学部等
2022 後学期 集中 国際地域創造学部国際地域創造学科  
講義コード 科目名[英文名] 単位数
g00609002 ICTの活用による地域課題解決   2  
担当教員[ローマ字表記]
高畑 明尚, 畑中 寛 [Hiroshi Hatanaka]  
授業の形態
講義、演習又は実験、実務経験講師
 
アクティブラーニング
学生が議論する、学生が自身の考えを発表する、フィールドワークなど学生が体験的に学ぶ、学生が文献や資料を調べる
 
授業内容と方法
本科目は、現代人の社会的・職業的自立に必須の基盤となる能力の一つであるInformation and Communication Technology(ICT)の基礎と応用事例を学習し、さらに、具体的な課題解決の提案書の作成を通じて、従来の考え方に囚われずに物事を前に進めていく「基礎的・汎用的能力」、その中でも特に、様々な課題を発見・分析し、適切なビジョンを描き、その課題を解決に導く「課題対応能力」を育成し、受講者の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力と態度を養成します。
また、本科目の「初級地域公共政策士」資格認証科目としての位置付けを踏まえ、提案書の作成対象分野として、地域社会が抱える様々な課題(地域経済の活性化、大規模災害対策、急速な高齢化等)の解決もテーマとし、地域公共人材育成を視野に入れます。
さらに、DX(デジタルトランスフォーメーション)の基礎を理解した上で、これらを応用し解決を行える人材を育成するため、対象分野におけるデジタル化による新しい世界観を踏まえ、課題解決に向けた提案書作成の手法を学習する総合的な内容を扱います。
具体的には、DXの国内外における事例、先端技術を活用した業界ユースケースの講義を踏まえ、シビックテックやオープンデータの考え方や必要性について学び、ワークショップ形式でDXを活用した地域課題解決を検討し、企画提案書を作成します。
本科目の授業方法は、学生と社会人がグループでディスカッションやワーク(作業)に取り組むアクティブラーニングを基本とします。
 
URGCC学習教育目標
自律性、社会性、地域・国際性、コミュニケーション・スキル、情報リテラシー、問題解決力、専門性
 
達成目標
DX(デジタルトランスフォーメーション)=「デジタル変革」とは何かについての専門的知識の修得に加え、これらを応用する課題解決及び提案書作成能力の獲得を目的とします。また、DX提案の目利きが出来る力を養います。
1.DXに係る技術の基礎について理解し、それがもたらす無人化、ペーパーレス、キャッシュレス、ニューエコシステムについて説明・応用できるようになる。[専門性] [情報リテラシー]
2.行政・産業各分野における課題解決に向けDXを踏まえた新たな世界観に基づくビジョンの構築ができるようになる。[地域・国際性]
3.行政・産業リーダーに向けた提案書を、他人の発想や自分とは異なる考え方を取り入れ作成して、これを円滑に作成発表できるようになる。[社会性] [コミュニケーション・スキル]
5.DXのテクノロジーレイヤーの基礎ついて理解し、デジタル化提案の目利きができるようになる。[情報リテラシー]
 
評価基準と評価方法
1.各演習における発言内容とビジョン提案の力を評価します。
2.各演習における説明と質問のコミュニケーション力を評価します。
3.調査・分析結果を提案書に取りまとめ、記述できる力をレポート、説明する力をプレゼンテーションによって評価します。
4.グループワークに積極的に参加し、チームに貢献する協働力を評価します(授業時間外のSlackも含む)。
5.「DXによる課題の解決・ビジョン作り」ができる能力を上記1~4を含め総合的に勘案します。
 
履修条件
■5日の集中講義のため、全日程に出席することが最低条件です(特に初日とワークショップは重要)。
1.オンライン(Zoom)上で高度なワーク(マルチタスク)に取り組むため、必ずハイスペックなデスクトップPC又はノートPCで受講すること(禁:スマートフォン・タブレット端末)。
2.オンライン(Zoom)でグループワーク・ディスカッションに取り組むため、原則カメラは常時ONで受講すること(安定した通信環境が必要)。
3.グループワークに積極的に参加し、課題発見力・課題解決力を身につけようという意欲があること。
4.講義は社会人も参加する公開授業とするので、学生以外の方々とコミュニケーションをとることに意欲があること。
5.本科目を含む「初級地域公共政策士」資格対象8科目を受講することが望ましい(説明会は下記Webページ参照)。また、グループワーク、グループディスカッション、ファシリテーション、地域課題解決に関連する科目を受講していることが望ましい。

□「初級地域公共政策士」資格取得のための科目認証制度
  https://chiiki.skr.u-ryukyu.ac.jp/?page_id=1053
 
授業計画
※初回の前日までにZoomの「招待URL」と「ミーティングID」を教務情報システムのメッセージで送信するので、履修登録学生は必ず確認の上受講してください(社会人へはメール送信します)。

□本科目は、土曜日に開講するオンライン授業(Zoom)を基本に、ワークショップを組み合わせた授業です。
 また、グループのコミュニケーションツールとして「Slack」を基本とし、「Googleスプレッドシート」や「Google Jamboard」等も用います。

10月29日(土)【第3時限~第5時限】
第1回:オリエンテーション、シビックテックに関する講義-1
第2回:シビックテックに関する講義-2
第3回:オープンデータに関する講義

11月12日(土)【第3時限~第5時限】
第4回:DⅩに関する講義-1
第5回:DⅩに関する講義-2
第6回:DⅩに関する講義-3

12月3日(土)【第3時限~第5時限】※ワークショップ-1
第7回:アイデアソンの解説、DXアイデアソン①(グループワーク)
第8回:DXアイデアソン②(グループワーク)
第9回:DXアイデアソン③(グループワーク)

1月7日(土)【第3時限~第5時限】※ワークショップ-2
第7回:DXアイデアソン④(グループワーク)
第8回:DXアイデアソン⑤(中間報告)
第9回:DXアイデアソン⑥(グループワーク)

1月28日(土)【第3時限~第5時限】※報告会は対面開催(会場:琉大50周年記念館)
第13回 プレゼンテーションの最終調整
第14回 報告会の開催・講評-1
第15回 報告会の開催・講評-2

※開講日決定(8/5)
 
事前学習
事前学習:本科目の学習管理・支援プラットフォームは「Slack」になります。
Slack内の「講義資料」に資料があれば、事前学習に活用してください。
以下の「参考図書」に目を通しておいてください。
 
事後学習
事後学習:本科目の学習管理・支援プラットフォームは「Slack」になります。
毎回の授業終了後、Slack内で振り返りを行います(ミニレポートに相当)。学んだ内容について、授業後にどのように考え、個人が変化したか、振り返りを行ってください。
Slack内の「講義資料」に資料があれば、事後学習に活用してください。
グループメンバーと協力してDXによる地域課題解決プジェクトをSlackを活用して検討します。
また、講師の出す課題に取り組んでください。
 
教科書にかかわる情報
 
教科書全体備考
 
 
参考書にかかわる情報
 
参考書全体備考
適宜授業内で紹介します。
 
使用言語
日本語
 
メッセージ
本科目は「初級地域公共政策士」資格取得のための科目認証制度の選択必修科目です。
また、本学が取り組む社会人向けの人材養成プログラムでもあるため、自治体、NPO法人や企業等の社会人にも公開授業として提供します。
さらに、本科目は地域創生副専攻の授業科目「地域創生理解科目」です。
 
オフィスアワー
高畑明尚(研究室525)
畑中寛(地域国際学習センター305)※事前にメール連絡
 
メールアドレス
この項目は教務情報システムにログイン後、表示されます。
 
URL
「初級地域公共政策士」資格取得科目履修制度(学生向け)
https://chiiki.skr.u-ryukyu.ac.jp/?page_id=1053
 

ページの先頭へ