タイトル

科目番号 教室 登録人数 履修登録方法
経済555       30   抽選対象  
開講年度 期間 曜日時限 開講学部等
2022 後学期 集中 国際地域創造学部国際地域創造学科  
講義コード 科目名[英文名] 単位数
g00618002 実践経済学Ⅴ   2  
担当教員[ローマ字表記]
高畑 明尚, 畑中 寛 [Hiroshi Hatanaka]  
授業の形態
講義、演習又は実験、実務経験講師
 
アクティブラーニング
学生が議論する、学生が自身の考えを発表する、フィールドワークなど学生が体験的に学ぶ、学生が文献や資料を調べる
 
授業内容と方法
実践経済学Ⅴ「ソーシャル・インパクト・ボンド基礎概論」
近年、経済的な利益だけではなく、社会的な利益、つまり、医療、教育、就労、福祉など様々な社会課題を解決できたかどうかを意図した新しいお金の流れとして、社会的インパクト投資という新しい形の投資がグローバルの潮流となっています。
本科目では、社会的インパクト投資の概論を踏まえた上で、その手法の一つであるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)について、講義とグループワークにより具体的な進め方などを実践的に学べる内容となっています。SIBとは、行政、サービス事業者、投資家など多様な関係者が連携して社会課題解決に取り組む新しい手法です。特にサービスを行っただけではなく、その結果、社会課題が解決されたかどうかを評価し、評価に連動して支払いが行われることが大きな特徴です。例えば、サービス事業者が投資家からお金を集め、効果的ながん検診受診率向上サービスを提供した結果、以前よりがん検診の受診率が向上し、早期がん患者を多く発見できたとすると、がんは早期に治療することで生存率が高くなり、医療費も安くなります。こうした成果を第三者が客観的に評価し、行政とあらかじめ合意した成果を達成した場合、行政は投資家へ配当を含めて支払うことができます。これがSIBの仕組みです。一方、成果が出なければ行政からの支払いは行われません。
講義ではその基本的な仕組みや最新動向に加え、身近な社会課題をテーマとし、グループワークにより調査を進めるなど実践的なノウハウを習得できる内容となっています。これにより、複雑化する社会課題に対して、多様な関係者を巻き込みながら推進する力、社会課題を分析し、解決したかどうかを評価する力、新しい投資手法などを学び、様々な社会課題に対する力を養うことを目標とします。
本科目の授業方法は、学生と社会人が協働でディスカッションやグループワークに取り組むアクティブラーニングを基本とします。
 
URGCC学習教育目標
自律性、社会性、地域・国際性、コミュニケーション・スキル、情報リテラシー、問題解決力、専門性
 
達成目標
1.新しいお金の使い方に関心を持ち、一定の知識を習得する(知識・理解/関心・意欲)
2.社会課題解決について、成果志向という新しい視点を獲得する(知識・理解)
3.社会課題解決に向けた新たな手法を学び、その活用可能性を主体的に考えることができる(思考・判断/技能・表現)
 
評価基準と評価方法
最終講で提示するレポート(800~1,200字程度)の提出が単位認定の必須要件です。
評価基準は、講義内容が十分に理解できていればA、講義内容がある程度理解できていればB、あまり理解できていないものがD、かろうじて要件を満たすものがCとなります。
 
履修条件
■5日の集中講義のため、全日程に出席することが最低条件です(特に初日と最終日は重要)。
1.オンライン(Zoom)上で高度なワーク(マルチタスク)に取り組むため、必ずハイスペックなデスクトップPC又はノートPCで受講すること(禁:スマートフォン・タブレット端末)。
2.オンライン(Zoom)でグループワーク・ディスカッションに取り組むため、原則カメラは常時ONで受講すること(安定した通信環境が必要)。
3.グループワークに積極的に参加し、課題発見力・課題解決力を身につけようという意欲があること。
4.講義は社会人も参加する公開授業とするので、学生以外の方々とコミュニケーションをとることに意欲があること。
5.本科目を含む「初級地域公共政策士」資格対象8科目を受講することが望ましい(下記Webページ参照)。また、グループワーク、グループディスカッション、ファシリテーション、地域課題解決に関連する科目を受講していることが望ましい。

□「初級地域公共政策士」資格取得のための科目認証制度
  https://chiiki.skr.u-ryukyu.ac.jp/?page_id=1053
 
授業計画
※初回の前日までに、担当教員より本授業のZoomのURLを教務情報システムのメッセージで送信しますので、必ず確認の上受講してください(社会人はe-mail)。

□本科目は土曜日に開講するオンライン授業(Zoom)です。
 また、グループのコミュニケーションツールとして「Slack」を基本とし、「Googleスプレッドシート」や「Google Jamboard」等も用います。

■本学と読谷村との包括的連携協定に基づきテーマを設定ます。
10月8日(土)【第3時限~第5時限】
第1回:オリエンテーション
第2回:インパクト投資およびソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)概要
第3回:テーマ設定とグループ編成

10月22日(土)【第3時限~第5時限】※10/29から10/22へ変更
第4回:ワークショップ(対象設定)
第5回:社会的インパクト・マネジメント概要
第6回:ワークショップ(ロジックモデル)

11月19日(土)【第3時限~第5時限】
第7回:ワークショップ(評価プロセス)
第8回:ワークショップ(事業モデル)
第9回:ワークショップ(財務モデル)

12月10日(土)【第3時限~第5時限】
第10回:ワークショップ(SIB導入全体)
第11回:ロールプレイング
第12回:プレゼン準備-1

1月14日(土)【第3時限~第5時限】
第13回:プレゼン準備-2
第14回:プレゼンテーション
第15回:まとめ・振り返り

※開講日決定(5/26)
※第2日を10月22日に変更(8/20)
 
事前学習
事前学習:本科目の学習管理・支援プラットフォームは「Slack」になります。
Slack内の「講義資料」に資料があれば、事前学習に活用してください。

■ニュース等で関心のある社会課題に関する情報を調べたり、社会的インパクト投資やソーシャル・インパクト・ボンドに関する文献やウェブサイトを調べることをお勧めします。
(参考資料等)
・内閣府成果連動型民間委託契約方式ポータルサイト https://www8.cao.go.jp/pfs/index.html
・ソーシャル・インパクト・ボンド総合サイト https://www.sib.k-three.org/
 
事後学習
事後学習:本科目の学習管理・支援プラットフォームは「Slack」になります。
毎回の授業終了後、Slack内で振り返りを行います(ミニレポートに相当)。学んだ内容について、授業後にどのように考え、個人が変化したか、振り返りを行ってください。
Slack内の「講義資料」に資料があれば、事後学習に活用してください。
グループメンバーと協力してソーシャル・インパクト・ボンドをSlack内で検討します。
学習内容を身近なテーマや事例で検証してください。
 
教科書にかかわる情報
 
教科書全体備考
授業中に適宜紹介します。
 
参考書にかかわる情報
 
参考書全体備考
 
 
使用言語
日本語
 
メッセージ
株式会社ケイスリー代表取締役の幸地正樹氏を講師に招き、日本最新の「ソーシャル・インパクト・ボンド」についての授業を開講します。
本科目は国際地域創造学部の経済学プログラム提供「プログラム専門科目(地域・国際実践力科目)」です。
また、「初級地域公共政策士」資格取得のための科目認証制度の対象科目(選択必修)です。(下記URL参照)
さらに、本学が取り組む社会人向けの人材養成プログラムでもあるため、自治体、NPO法人や企業等の社会人にも公開授業として提供します。
なお、本科目は地域創生副専攻の授業科目「地域創生理解科目」です。

※本科目は読谷村との包括連携協定に基づき、同村との連携・協力のもと開講します。
 
オフィスアワー
高畑明尚(研究室525)
畑中寛(地域国際学習センター305)※事前にメール連絡
 
メールアドレス
この項目は教務情報システムにログイン後、表示されます。
 
URL
「初級地域公共政策士」資格取得科目履修制度(学生向け)
https://chiiki.skr.u-ryukyu.ac.jp/?page_id=1053
 

ページの先頭へ